転職を決断できないと悩む人の背中を押す5つの考え方

悩み

転職関連の記事を読むと”仕事が嫌だという理由で転職すべきではない”、”皆、似た状況で頑張っているのだから続けるべき”という意見が多く見られ、こんなことで悩む自分は弱い人間だと自分を責めてしまうこともあるでしょう。

しかし、自分自身の感覚や違和感を自分が信じられなければ、他の誰が自分の心を信じることができるのでしょうか。

思いや感覚を無視しするという行為は風船にどんどん空気を入れ続けている状態と同じです。その状態が続くとストレスを貯め込み、風船がはじけた瞬間から自分で何も考えられない・体が動かないという未来を作り出してしまします。

そのような状況を回避するためにも、転職についての”仕事が嫌だという理由で転職すべきではない”という意見について正しく理解する必要があります。

この言葉は正しくは、「転職のきっかけは”逃げ”でも良い、その瞬間から10年、20年後の将来像を真剣に考え行動するならば!」という意味を持つのです。

この記事では、転職すべきか悩む人のために視野を広げ、客観的に転職について考え、判断出来るよう状況別に転職に関する考え方をお伝えします。

【この記事でわかる考え方】
「転職できるような実力がない」と悩む20代の方の背中を押す考え方(詳細はこちら
「既卒・フリーターで業務経験がない」と悩む20代の方の背中を押す考え方(詳細はこちら
「ミドル層の転職が可能なの?」と悩む30代,40代の方の背中を押す考え方(詳細はこちら
「何とかキャリアアップのきっかけをつかみたい」と悩む方の背中を押す考え方(詳細はこちら
「仕事と家庭を何とか両立したい」と悩む方の背中を押す考え方(詳細はこちら

転職に悩むあなたへ・最新版転職市場動向 ー10年ぶりの好調期・絶好のタイミングー

更新日:12/25/2018
まず、現在の転職市場状況について簡単に説明します。今年度報告された厚生労働省の労働市場レポート内に記載されている就業形態間の転職入職者数の推移調査結果では「中企業→大企業」や「小企業→大企業」の転職が 2010 年以降、大きく増加し続けているという結果を出ています。

また、民間の人材会社であるdodaも2018年下半期の転職市場動向についての独自の調査結果として以下のような報告を出しています。

  • 求人倍率:2.11倍
  • 求人数:前月比102.3%、前年同月比106.7%(2008年1月以来の最高値を更新)

このように現在の転職市場は10年ぶりの高水準にあり、転職を行うにはベストな環境が整っていると言えます。

出典:
厚生労働省 労働市場レポート85号
doda 転職市場予測 2018年下半期

転職を決断できないと悩む理由 ー現状への不満と将来への不安ー

転職希望者が決断に悩む理由について調査した結果以下のような理由が出てきました。

これらの結果から悩みの内容は”現状より悪くなることへの不安”や”自分に対する自信のなさ”、”周囲の意見を気にしすぎてしまう”など転職者それぞれの状況や性格によって違うことがわかります。

【状況別】決断できないと悩む人が一歩踏み出すための考え方

転職に関し悩む理由を分析すると大きく以下の3つに集約されます。

  • 今より悪くなることへの不安や積み上げたものを失うことへの恐怖
  • 自信がなく自分より世間体を気にしてしまう
  • 成功の可能性が見えず尻込みしてしまう

このような考えを持つことは社会性や防衛本能を生まれながらに持つ普通の人ならば当たり前のことです。しかし、何かを変えるには不安や悩みと上手く折り合いをつける必要が出てきます。

そこで、転職の不安に悩む人が、自分の人生に変化を与え、前向きに検討できるようになるために転職者の状況・悩みに合わせたポジティブな考え方を紹介していきます。

「転職できるような実力がない」と悩む20代の方の背中を押す考え方

あなたは日本の労働者の働き方が今まさに急激な変化点を迎えていることを実感しているでしょうか?

約100年前1918年に生まれた人が、100歳まで生きている確率はわずか1%でした。

しかし、現在の日本においては、2007年生まれの50%が107歳まで生きると推測されています。

人類の進歩とともに人の寿命が延びる中で日本では少子高齢化が急激に進み、企業はより少ない人数で大きな成果を出すことを目指さなければならない状況になっています。

すると、社内人材の能力を見極め、それが最大限発揮されるような支援や投資、仕組み作りを惜しまない会社に変化できない企業は、成長が頭打ちになってしまいます。

こうした変化の中では、従来の苦手を克服し、満遍なく仕事をこなせることを重視した、平均や標準化などの横並び意識の強い会社は衰退し、その会社で積んだキャリアでは自分の市場価値を一向に上げられない可能性があります。

さらに、社員一人一人の能力を見極め強みを最大限に発揮できるようになることのメリットとして人間の才能に関わる興味深い報告があります。

人の才能を研究している米ギャラップ社が紹介するネプラスカ大学の速読教授方法の報告をによると、16歳の学生を対象に3年間のまったく同じ速読の訓練をし続けた結果、その成果に大きな差が生まれました。

結果は以下の通りです。

結果として、元から速読が得意な人の速読数は訓練前から訓練後で350文字から2900文字まで成長しました。

しかし、そうでない人の速読数は90文字から150文字と訓練しても得意な人の訓練前の数字に満たないという結果となったのです。

つまり、成果を出すためには自分の強みを出せる、得意なことができる環境に身を置く・作ることがもっとも重要なのです。

このように、個人の強みを活かし、総和以上の組織力を生み出す企業が生き残る時代になってきている今、自分のキャリアを変化に対応し、強みを活かす発想を持つ会社で積むかという選択の重要度は非常に高くなっています。

変化を受け入れ柔軟に個人の強みを活かす会社で存分に自分の能力を活かし成長させ、「私の強みはこれ」と明確に答えられるように実績を積む。このプロセスが現代社会に求められるキャリアの形なのです。

もし、あなたが今の仕事に違和感を感じたり、成果があまり出ていない状態ならば自分を活かしきれていない可能性があり、新しい道について考える価値は大いにあるのです。

「既卒・フリーターで業務経験がない」と悩む20代の方の背中を押す考え方

「やりたいことをやりなさい」あなたも子供のころ両親に一度は言われたことがある言葉ではないでしょうか。

しかし、この言葉をかけられた多くの人はこの言葉をあとに大人から「これはダメだ」「非常識だ」「できない」という言葉をかけられ自分の希望や可能性をつぶされてしまいます。

だからこそ、やりたいことをやって生きる人生をつかみ取れるかどうかは周囲の言葉に負けずに必要な行動をしっかりと見極め実行することができるかどうかという戦略の取捨選択に掛かっているのです。

このように、やりたいことをやる人生の実現には強い意志と、周囲のニーズや興味の把握した戦略的行動の2つが必要になります。この考え方は多くの行動に共通するセオリーと言えるものになります。

例えば、転職を例にとるとあなたが会社に入社しようと考えたとき、自分がどんな会社で働きたいか考えるのみで行動することが多いのではないでしょうか。

もちろん自身の意思は最も大切です。しかし、行動する前に必要なもう一つの要素、相手のニーズや興味を把握していないと上手く行かないことが多くなってしまいます。

このニーズや興味に該当する部分について人材紹介会社や企業の採用担当者に取材をしてわかった要素は”実績”、”学歴”、”人柄”の3つです。基本的に中途での採用の場合、”実績”>”学歴”=”人柄”という順位で評価されます。

これは働く人が把握すべき基準です。この前提を持って転職活動を戦略的に行うと行動自体が大きく変わってきます。

転職活動を開始すると必ず大切にする軸を絞るようアドバイスを受けることでしょう。軸という言葉を単純に考えると年収、勤務地、福利厚生などの条件を考えてしまいます。

しかし、今後の社会生活でも実績は何より大切だと理解していれば、あなたが転職で持つべき軸として”やりたいことの実績が詰めるかどうか”という要素がより重要になってきます。

”実績”を目に見える、数字になって表れる分かりやすい形で積み上げているほど、あなたの価値を分かってくれる人は増え、自己実現のために大きな効果を発揮します。

あなたは実績を作る行動をとっているでしょうか?

自分がやりたいことをして生きていくためにどんな実績が必要かわかってるでしょうか?

評価基準の理解と自分のやりたいことを行う環境の整備を行える。

これがやりたいことをやり続けるために必要な第一条件です。

もし、今の環境でそのチャンスを得られないとしたら、経験を得られる環境整備のために行動することはやりたいことをやる人生を得るために必要な1つの選択肢になります。

行動を起こすときはまず自分の心の情熱が何に向いているか、次に実現し続けていくためには満たすべき基準と実現するための行動は何なのか具体的にしましょう。

自分の軸さえはっきりしていれば周りの声への対応も明確になり、不必要なことをしてくる相手に対しても不快感を感じなくなります。

あなたに明確な基準と目的を持って行動するマインドが身に付けば、今持つハンデを跳ね除け数年後には飛躍的な成長と成功を得られるようになります。自分を信じ、理想に必要な実績を積む行動をひたむきに重ねてみてください。

「ミドル層の転職が可能なの?」と悩む30代,40代の方の背中を押す考え方

20代など若者の転職と比較し、ミドル・ハイクラスの転職の難易度はとても高いです。

これはミドル・ハイクラス層に求められることが挑戦など若者の採用理由と異なり、管理や方針決め、会社への短期的な利益など即戦力的な意味合いが強くなるためです。

さらに、ミドル・ハイクラス向けの求人も転職者向け求人全体の20%程度と絶対数が多くないことも要因となっています。

しかし、近年年収700万円以上の「ミドル・ハイクラス」層の転職マーケットは年率130%以上で成長しているという市場状況の転機になっています。

「ミドル・ハイクラス」層の需要の背景には自社にいない専門家を外から呼びたいという需要や、環境の激しい変化によって短期間で結果を出せる人が求められている、人材の流動化を促したいという国の後押しなどがあります。

これらの求人を出す企業で採用を勝ち取るためには自分の実力を実績をベースにはっきりと説明できる棚卸が必要になります。

高学歴で素晴らしい能力を持っている方でも、棚卸がしっかりと出来ていない状態がいわゆる「大企業病」と呼ばれ、転職活動の成果が著しく下がってしまいます。

「大企業病」について簡単に説明すると、「あなたは管理職、あるいはエグゼクティブとして仕事をしてきたそうですが、それは本当にあなた自身の実力ですか?」と問われた際に答えられない、自分の恵まれた環境に無自覚な状態のことを指しています。

「大企業病」にならないためにも、「ミドル・ハイクラス」層の転職では「いかに会社に利益を生み出せたか、長期的に利益を出す仕組みを作れたか」という実績に基づき、客観的な視点での綿密なキャリアの棚卸が必須となります。

ミドル・ハイクラスの転職者は基本的に能力が高く、どの会社でも存分に力を発揮できる人材であり市場価値がとても高く、会社側からすれば高価な買い物となります。

だからこそ、自分自身や転職エージェントの目線を借り、丁寧なスキルと経験の棚卸および適切に相手に自分の強みを伝える工夫がどの年代の転職者より必要となり、それさえ出来れば鬼に金棒、ニーズの高さも相まってミドル・ハイクラス層の転職は順調に進むでしょう。

「何とかキャリアアップのきっかけをつかみたい」と悩む方の背中を押す考え方

企業への永久就職が難しくなり、自分でキャリアに責任を持つ必要に迫られる現代において、あなたは自分でキャリア設計を行う場合のポイントをご存知でしょうか?

キャリア設計の重要なポイントの1つは、最初から経営企画やマーケティングのポジションを目指す必要はないということです。

例えば、企業の経営層への転職を目指した際に、若手営業というキャリアから、いきなり大手企業の経営企画部門に入るというのは、少々無理があるでしょう。

この一足飛びにゴールに向かうのが難しい場合に、中間地点となる「キャリアの階段」を作り着実にゴールを目指すことで、実現可能性を飛躍的に高めることができるのです。

これは「夢をあきらめたくないが、家族をはじめとする周囲の人たちのことを考えると、無謀なチャレンジはできない」という中堅層にも同様なことが言えます。

これらを実現する方法として「ハブ・キャリア」という考え方があります。

「ハブ・キャリア」とは、さまざまな業界・職種から入ることが可能で、かつ、さまざまな業界・職種へ転出することが可能な仕事のことです。

「ハブ・キャリア」の代表例は、”コンサルタント”です。

”コンサルタント”は未経験でもポテンシャル採用で入社することが可能です。

さらに、さまざまなプロジェクトを通じて経営課題を解決する高い専門能力を習得できます。

その結果、転職時幅広い業界で重宝され、大手事業会社や成長企業のみならず、投資銀行やファンドなどさまざまな分野に転職しやすくなります。

その他にも「ハブ・キャリア」として考えられるのが”インターネット系キャリア”です。

インターネット業界は、業界そのものが急速に拡大して人材が不足しているため、ネットビジネスの経験がなくても入社できる企業が多くあります。

そんな中、どの業界においても、デジタルマーケティングへの対応が求められ、新規事業を立ち上げる場合、高い確率でインターネットビジネスを検討することになります。

しかし、一般企業の中にはネットビジネスの経験者がほとんどいないため、即戦力となる経験者をインターネット業界から採用せざるを得ません。

よって、ネットビジネスの経験者は業界外に出る際にも幅広い選択肢を持ち、好待遇で迎え入れられています。

このようなキャリア設計のポイントである「キャリアの階段」の考え方を理解し、行動しているか否かで、自分の人生の可能性が大きく変わります。

人材市場において、学歴や資格よりも高く評価される価値は当然ながら専門性、経験などの”実績”なのです。だからこそ、自分が仕事にしたいと思っている分野で経験を重ねることがとても大切なのです。

皆さんも、工夫次第で、安全・着実に、「好きなことで、高い収入を得ながら、社会にインパクトをもたらす」という生き方をつかみ取ることが可能です。

重要なのは、目的設定と実現する方法の知識、そして戦略を立て一歩踏み出す勇気なのです。

「仕事と家庭を何とか両立したい」と悩む方の背中を押す考え方

雇用の流動化が求められる現代社会で転職は自身のキャリア形成のための手段の1つとして定着しつつあります。

この背景には創出すべき価値の変化とワークライフバランスを重視する労働者の意識の変化があります。

求められる価値の変化としては、経済の成熟に伴い、高度経済成長期に求められていた安く・早く・大量に生産された”皆が持っているものを自分も所有する”という価値から情報やアイディアが重視されるクリエイティブなものから”自分に合った利便性のあるものを選ぶ”という価値に変化しています。

労働者の意識の変化としては、会社に所属し社会ニーズを満たし賃金を得るという意識から仕事に加え自分の生活も満足させる環境も求めるというより高度なニーズが生まれてきているのです。

この傾向はNHK放送文化研究所の「日本人意識」調査の結果にも表れています。

労働者の求める報酬意識が変化しているにもかかわらず、フルタイムで働くことや長時間労働をする労働者に対し肯定感を持つ企業風土は根強いです。

その結果、旧来の価値観・ライフスタイルに沿った人が働きやすい環境に最適化されている会社が未だに多いのが現状です。

こういった会社の風土は個人ではどうしても変えることが出来ず、有給や育児休暇など当たり前の権利を行使しているのに肩身の狭い思いを感じる人がとても多い現状があります。

しかし、この環境に危機感を感じ、柔軟に対応できるよう変化している会社もあります。

例えば、13時から16時まで、3時間の休憩時間を取る「シエスタ制度」を導入している株式会社ヒューゴや社員の健康を食事面からサポートしようと栄養バランスの取れた食事を社内レストランで提供するヤフー株式会社などです。

つまり、自分がチャンスをつかむために行動を起こせば、最適な働く環境を選び手に入れることが出来るのです。

仕事とは本来自己実現の手段であるべきです。

理想の生活とは何か、個人が大切にするものを軸に必要な環境を選ぶということはとても自然なことです。

あなたが現状より良い未来を目指し、行動していくための指針を具体的にする手段の1つとして転職を検討することは、自分の可能性を広げる意味でとても有用なのです。

転職するか決断するためのポイント -自分に問いかける質問ー

これまで状況に合わた悩みや不安に対して転職に関するポジティブな捉え方を紹介してきました。これらの考え方から転職に対してどのような捉え方があるのかという見識が深まってきたのではないでしょうか。

転職においての失敗とは、給料や地位を得られないことではなく、自分が大切だと思うものを追求できないことこそ真の失敗になります。

転職を決断する上で最も大切なことは感情と手段のバランスをとることです。どの会社で働くか、どんな条件の中で仕事をするかということはあくまで生きるための手段であり、自分がどんな生活を送っていきたいかが感情になります。

転職を決断できないかたはまず感情の部分を整理し、客観的に捉えることが出来るようになるとスムーズに決断が出来るようになります。

決断を行う具体的な方法として、世の中には様々な可能性があるということをインプットした上で感情に即して転職について整理していくことが効果的です。

このとき、次の3つのステップを踏むとより決断に必要な想像がしやすくなります。

  1. 感情を整理する
    お金も時間もあり、何事も自由に決められる場合に自分は何をしたいか・どんなことに感情が動きわくわくするのかを想像し具体的な言葉にしてみてください。
  2. 自分の理想の未来像を想像する
    10年、20年経過した後の未来で自分はどんな状態で日常を過ごし、仕事をこなしていたいのか感情の動き、心がわくわくすることをベースに考えてください。
  3. 転職するときと転職しないときで理想の未来の実現性を考える
    最後に転職した場合と転職しない場合どちらが理想の未来を実現できるか想像してみてください。この時自分の心が大きく動いた方が現段階で本当に自分が行いたい行動になります。

この3つのステップを通して、もし転職をした方が自分の可能性が広がると思えた時、自身の心を信じて転職活動を始めてみましょう。

転職すると決断した方のための具体的な方法 -転職の定石ー

転職活動を進める具体的な手法について説明します。大まかな方法としては以下の3つがあります。

  • 転職エージェントを利用する
  • 転職サイトを利用する
  • スカウトサービスを利用する

それぞれの方法について詳細を説明していきます。

転職エージェントを利用する

転職活動は、転職エージェントを利用することでより効率的に進めていくことが出来ます。

そもそも転職エージェントとは何か簡単に説明すると、求人を出している企業にマッチする人材を紹介することで利益を得ているプロフェッショナル集団です。

転職エージェントの顧客である企業は自身の会社で長く働いてくれる人材をもとめているので、必然的に転職エージェントは企業と転職者双方を満足させることが使命となります。

よって、様々なサポート業務を通し我々転職者を理解しようと努め、ニーズを満たすために全力で行動してくれます。

転職エージェントは基本的にキャリア相談から始まり、求人の紹介、企業との交渉、必要書類の添削、面接対策等を実施してくれます。

その中でも特に大きなメリットは以下の3つです。

  1. 良質な非公開求人などを含む求人を自身のニーズに沿って提示してもらえる。
  2. 転職のプロと話すことで、自分では気がつかなかった基準や仕事への価値観が見つかる。
  3. リアルな企業の採用担当の情報やこれまで採用された先駆者が残した情報をもとに書類添削や面接対策などを熟練のプロにサポートしてもらえる。

このように転職エージェントを利用することで転職者は多くの恩恵が受けられ、転職成功率も格段にアップします。

転職サイトを利用する

縛られない自由に選択しながら転職を進めたい方は転職サイトを利用して転職活動を進める方法が効果的です。

転職用のサイトは”リクナビネクスト”や”マイナビ転職”など様々なサイトがあり、転職サイトを利用して求人に対し自分で応募していくサービスになります。

転職サイトに掲載されている企業の求人情報の確認や登録している求人へのエントリー、企業説明会や転職お役立ち情報などが入手できます。

また、転職エージェントのように専任のキャリアアドバイザーが付きサポートを受けるわけではないため急かされることなく自分のペースで転職活動を進められることや求人を出している企業の情報を手軽に集められることが最大のメリットとなっています。

また、転職エージェントと併用することで求人サイトにこんな求人が出ていたがエージェント経由で応募できないか聞くことで、上手く応募が進むと選考に有利な情報をキャリアアドバイザーからもらうことが出来るという相乗効果が期待できます。

スカウトサービスを利用する

今の職場には特に不満はないがチャンスがあれば転職を考えたい方はスカウトサービスがおすすめです。

スカウトサービスは”リクナビネクスト”や”ビズリーチ”などで利用できます。

スカウトサービスの求人紹介の仕組は、Web上に登録した求職者の経歴を見た転職エージェントや企業の採用担当が、必要とするスキルはもちろん人間性など細かい条件に合致した人材に選考などへのスカウトメールを送るというものになります。

このサービスは、自分の実績が企業の求人条件にマッチすれば連絡が来る仕組みのため、ポジションの空きが必要なミドル・ハイクラスの転職などに利用しやすい転職方法になっています。

まとめ

転職すべきか客観的に判断が出来るようになったでしょうか。状況別に転職に関する考え方が分かり、見識を少しでも広げることができれば客観的に物事を見ながら自分の気持ちに沿った決断が出来るようになります。

転職すべきか悩む方はぜひ以下の3ステップで自分が本当に望んでいる未来に転職が必要なのか考え決断してください。

  1. 感情を整理する
  2. 自分の理想の未来像を想像する
  3. 転職するときと転職しないときで理想の未来の実現性を考える

あなたが人生を変えるため勇気を持ち、自分を信じて前に進む力になればと願っています。

関連する記事
【性格で選ぶ】転職エージェントおすすめランキング|評判・実績比較から分かった選び方