ワークポートの評判は悪い!?|2ch・口コミの悪い評判の理由を徹底解説!

転職エージェント

ワークポートを使ってみたいけど、ネットの評判を見てみると悪い評判も書かれていて使うべきか分からないと迷ってしまうことがあると思います。

そんな状態の中、勢いで転職エージェントを選択してしまうと、転職エージェントのサポートのやり方が自分自身の肌に合わず、転職活動の効率、満足度は大きく下がってしまうことがあります。

転職の失敗の原因の7割は転職エージェントとのミスマッチによるものと言われるほど転職エージェントの選択は重要な意味を持ちます。

”火のない所に煙は立たぬ”というように悪い評判にはそれなりの理由があります。

その理由をしっかりと理解し、自分で利用すべきか判断出来るようこの記事ではワークポートに関する2ch・口コミでの悪い評判とその理由、ワークポートを利用すべきかの判断のポイントをご紹介します。

【この記事でわかること】
ワークポートの良い評判と悪い評判の詳細(結論のみ知りたい方はこちら
ワークポートの悪い評判の理由(結論のみ知りたい方はこちら
ワークポートを利用すべきか判断のポイント(結論のみ知りたい方はこちら
効果的な転職エージェントの利用方法(結論のみ知りたい方はこちら

【公式サイト】https://www.workport.co.jp/

ワークポートの2ch・口コミ評判まとめ

ワークポートについての2ch(5ch)やネット上の口コミを確認すると以下のようなコメントが多く見られました。


2ch(5ch)や口コミの内容を分析すると、利用者がワークポートに抱く不満の根本的な原因は以下の2点に集約されます。

  1. 転職者が希望している求人がない(求人の質が低い)
  2. キャリアアドバイザーの対応が悪い
    (強引、希望や話を聞かない、他社の悪口を言う)

転職者が希望している求人がない、紹介されないことはワークポートという会社と転職者の立場の違いから、キャリアアドバイザーの対応については転職者と担当のキャリアアドバイザーの人としての相性から生じています。

このような問題があることを何も知らずに転職エージェントを利用してしまうと、時間を無駄にし、不快な思いをわざわざ被ってしまう可能性が出てきてしまいます。

しかし、あらかじめ起こりうる問題とその原因が分かっていれば行動を自由に選択できる転職者は圧倒的に有利に転職活動を進めることが出来るのです。

あなたが自身の転職をより効率的で有意義なものにするためにも、これらの問題が起こってしまっている原因について後述していきます。

2ch(5ch)評判抜粋
他で内定決まったところに行くって伝えたはずなのにしつこく食い下がられた
挙句の果てに行こうとしてる会社の悪口言ってきて何とか繋ぎとめようとしてくる
きっぱり断ったらすぐに態度変えてくる
他でもエージェント使ってたけどここのエージェントはえ?ってなるとこ多すぎ
出典:http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/job/1390971680/734

正直、ここは異業種からIT系、SIからweb系に転職して職歴や経歴をつけるということに関してのみメリットがある
あとはスピード、本当に最短でいくとマジで1~2週間で内定取れるくらいスピード感があるから、がちがちのプロとかすごいキャリアみたいなのは使わないほうがいいが
職歴荒れてるとか給料安くてもいいからとにかくIT系につきたいとかならおすすめもともとIT系なんて何年も同じ会社にいること自体が珍しい業界だしな
出典:https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/job/1390971680/581

紹介される案件の質と量が微妙だよねここ
事務所だけは立派だから最初だまされたけど
出典:http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/job/1390971680/715

電話面談の対応はよかった。女性スタッフで明るい感じ。
でもいかんせん案件が糞。ワークポート独自の案件なんてありゃしない。
どこぞやの転職支援サイトで見かけたものが殆ど。
しかも年収がわからない仕様になってていやらしい。
担当に聞いてみたら、最初に提示した希望金額に近いものを選んでるので~とのこと。
あと応募しても迅速に動いてるのか何なのかさっぱり読めない。
忘れた頃にマイページみたら応募した5日後に書類提出してたり当日に不採用だったりとにかく信用ならん。
退会するのも面倒なので放置してるわ。
出典:https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/job/1390971680/28

>ここ書類すら通らないんだけど…
>8件ほど応募して全部不通過ってどういうこと?
何個か前のレスにあるけど落選理由教えてくれないのは不信感が募るよね
連絡よこす担当者もコロコロ変わるし、電話したら後ろの方で他の電話でごちゃごちゃ揉めてる
ような声がよく聞こえてくる
書類選考通過してもメール一本で相談もなしにいついつ来て下さいとか阿呆かと
(当然調整お願いして断ったけど)
違う所に替えたらかなりいい所にとんとん拍子に決まったわ
ココ登録して待ってた約数ヶ月本当に無駄にした
出典:https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/job/1390971680/72

評判・口コミ抜粋
32歳男性・アカウントプランナー:年収700万円台
他の紹介会社が15件程度なのに対し、ワークポートは一気に152件もの求人を紹介してきたのはびっくりしました。
希望に合った求人も多くあったのですが、「おや?」と思うような微妙な求人や希望に合わない求人もいくつかありました。

29歳女性・事務職:年収300万円台
私はやりやすかったのですが、コンシェルジュという割にはサポートがあまり期待できませんでした。なので、私の場合は求人紹介マシーンとして活用していました。

27歳男性・WEBマーケティング:年収700万円台
日中は電話に出れるタイミングが少ないのにも関わらず、しつこいほど「今内定された企業の志望度はどうですか?」「いつまでに決められそうですか?」と電話をかけてきました。
結果的に転職が決まったので気にするまでのことではなかったと思いますが、ちょっと強引さは感じてしまいました。

32歳男性・派遣:年収300万円台
高卒で正社員じゃないため、3社に登録を拒否されて劣等感で絶望していましたが、ワークポートはすぐに面談をしてもらえて求人も紹介してくれ、こんな低スペック中年に対しても丁寧にサポートしてくれました。
なんも取り柄もないと思ってましたが正社員として希望の転職が実現できたのはワークポートのおかげです。

23歳女性・メーカー:年収300万円台
登録がめちゃくちゃラクだったのが良かった点です。
しかし、紹介された求人はどれもイマイチ。担当者に訊いたら私の希望する業界の求人は中小ばかりとのことでした。

ワークポートの悪い評判の理由

ワークポートの2ch(5ch)や口コミで見られる悪いは以下の通りです。

  • 紹介求人の質が低い
  • 書類添削・面接対策などのサポートが期待できない
  • キャリアアドバイザーの対応が強引
  • キャリアアドバイザーの態度が悪い

このような評判が立つ理由を解説していきます。

悪い評判1 紹介求人の質が低い

ワークポートの悪い口コミの中には”「おや?」と思うような微妙な求人や希望に合わない求人もいくつかありました。”、”いかんせん案件が糞。ワークポート独自の案件なんてありゃしない。”など求人の質に関する悪い評判が多く見られました。

このような悪い評判がが出てくる理由について説明していきます。

ワークポートは2003年から2014年まで10年間、IT・Web・ゲーム関連専門の転職エージェントとして事業を運営し、2014年から総合型転職エージェントに事業を拡大してきました。

このような事業拡大の経緯から、ワークポートで紹介される求人は約50%がIT・Web・ゲーム関連の求人になっており、IT・Web・ゲーム業界以外の求人、特に小売り、メーカー、外資系企業などに関してはまだまだ取扱数が多くありません。

このようにワークポートの紹介求人の主力がIT・Web・ゲーム業界であるため、業界全体の傾向としてブラック企業と言われる長時間労働を強要する企業はどうしても入ってきてしまいます。

よって、紹介求人の中にブラックと称される企業が含まれる可能性は他社より高いと理解することが必要になります。

ワークポートの紹介求人の中に疑問に感じる企業が含まれていた場合、ワークライフバランスや3年以上続いている中堅層の比率などの情報を聞き出し、選考を受けるか判断すると効果的です。

また、キャリアアドバイザーからしっかりとした情報を提供してもらえない場合やとにかく受けるように進めてくる場合は、担当を変更するか他の転職エージェントをメインで利用するようにしましょう。

悪い評判2 落選理由の情報をくれないなど選考対策のサポートが少し悪い

ワークポートの悪い評判の中には、”落選理由教えてくれないのは不信感が募るよね ”など選考対策に関する悪い評判が見られました。この悪い評判の理由を詳しく説明していきます。

まず、ワークポートは求人紹介に関し、キャリアアドバイザーが厳選した選りすぐりの求人に応募するのではなく、希望に沿う可能性のある求人を多く紹介してもらい、その中から転職者自身が応募する求人を決め選考を受けるという方針を取っています。

また、選考に関しても同様で量を重視しています。この理由を理解するためには一般的な転職活動における各選考の通過率を知る必要があります。

上記のように各選考の通過率はすべて50%以下であるため、ワークポートは転職を成功させるための戦略として選考を受ける企業の母数をとにかく増やすという量重視の行動を取ってもらうようアドバイスをしています。

よって、落選理由などよりも選考を受ける量を重視すべきと考えるキャリアアドバイザーに当たってしまうとサポート内容に丁寧さを欠いてしまい、対応に不満を感じる転職者が上記のような悪い評判の口コミを出すようになるのです。

ワークポートではとにかく行動量を求められる転職エージェントであるという認識を持つようにしてください。

悪い評判3 キャリアアドバイザーの対応が強引

ワークポートの悪い評判の中には、”他で内定決まったところに行くって伝えたはずなのにしつこく食い下がられた”、”しつこいほど「今内定された企業の志望度はどうですか?」「いつまでに決められそうですか?」と電話をかけてきまし。”などキャリアアドバイザーの強引な行動に関する悪い評判が多く見られました。

ワークポートのキャリアアドバイザーが強引な行動に出る理由について詳しく説明していきます。

ワークポートが強引に入社させようとする理由を理解するためには転職エージェントの収益構造を理解する必要があります。

転職エージェントは求人を出している企業にマッチする人材を紹介し、入社が決定した時点で採用者の年収の数十%を契約料としてもらうことで利益を得ています。

企業は転職サイトより会社の希望に合致するよう厳選された人材を紹介してもらえるため、費用が高くても転職エージェントに求人を出します。

よって、会社の利益や自分の成績・ノルマのために強引な入社への誘導が強くなりやすく、”強引に入社させようとする”というような評判や口コミが多くなっています。

悪い評判4 キャリアアドバイザーの態度が悪い

サポートを担当するキャリアアドバイザーも人間なので個人個人での対応も違い、性格や業務の方針によって合う合わないが存在します。この感覚の違いは”何を重視するか”という価値観・性格の違いによって生まれてきます。

例えば、「頻繁に電話をしてくる」という行動に対して、どんどん求人紹介を行い尻を叩いて欲しいと考える転職者はキャリアアドバイザーを高く評価し、自分で考え意思決定し、自分のペースで進めていきたい転職者はキャリアアドバイザーを煩わしく感じることでしょう。

このような感覚の違いは転職者とキャリアアドバイザーの性格によるものが大きいため、自分がどのようなサポートが欲しいか具体的なイメージを持っておくことが大切です。

求人の希望と同時にキャリアアドバイザーに転職活動のサポートをどのように行って欲しいかの希望も伝え、対応してもらうようにするとトラブルの回避につながります。

何度か希望や改善を申し出ても良くならない場合は、自分の性格には合わなかった人とあきらめ、キャリアアドバイザーの変更を申し出るようにしましょう。

ワークポートは利用すべき? -評判の悪い理由から分かった真実-

ワークポートの悪い評判が求人の質とキャリアアドバイザーの対応によるものであることから、ワークポートを単体で利用することは避け、複数の転職エージェントを利用した方が良いでしょう。

ワークポートを利用する戦略として、次の2つの指針を持つことがおすすめです。

  1. 求人の質に関しては複数の転職エージェントを利用することによってカバー
  2. キャリアアドバイザーの対応の問題に関しては完璧なコントロールは難しいので、自分の性格を軸にして利用するキャリアアドバイザーを絞り込む。

また、悪い評判でよく見られるキャリアアドバイザーの対応の悪さは基本的に会社方針(社風)×個人の性格によって決まります。

キャリアアドバイザー個人の性格は直接かかわらないとわからないので、自分にあった対応をするよう会社として方針づけている転職エージェントを利用すると効果的です。

ワークポートの社内の雰囲気は活気がある人が集まり、各部署に自由裁量がある会社です。人事評価基準は目標金額の達成や自信が立てた目標を達成できたかという数字重視の傾向があります。

ワークポートは求人紹介に対して量、サポートに対して行動を大切にしており、内定辞退者に対して入社の可能性がないか検討してもらうため、来社して面談するような熱血漢な対応を重視するものになっています。

このようなワークポートの対応方針と同様に、各転職エージェントの会社方針と転職者の年齢・性格を使用し、どんな転職者と各転職エージェントがマッチするか分析しました。結果が以下の通りです。

性格については分析心理学の創始者であるユングの”ユングの理論”における人の内面的特性である「外向」、「内向」の特徴を参考に大きく2つに分類し以下のように定義しました。

  • 行動派
    転職の基準がある程度はっきりしており、どんどん進みたい

    どのように進めればいいか、動きながら考えられる
  • 思考派
    専門家の意見を好きなだけ聞き、じっくり考えて進みたい

    思考が整理されなるまで大きな行動を起こしたくない


ワークポートは行動派の性格のIT・Web・ゲーム関連企業への転職希望者の若者層が利用すべき転職エージェントになります。

ワークポートを利用する人は上記の表を参考に、自分に合った対応を推奨する転職エージェントを複数利用し、担当のキャリアアドバイザーとの相性でメインとして利用する転職エージェントを絞ることをおすすめします。

【公式サイト】https://www.workport.co.jp/

【関連する記事】
ワークポートの評判・口コミから分かった真実|本当にマッチする人とは!?

ワークポートのデメリットをなくす効果的な利用方法

ワークポートの悪い評判が求人の質とキャリアアドバイザーの対応によるものであることから、複数の転職エージェントを利用することが効果的です。

ワークポートのデメリットをなくす効果的な利用方法を3ステップをまとめましたので是非参考にしてみてください。

  1. 自分の転職の軸を明確化(給与、勤務地、職種、経験、福利厚生、働きやすさなど)
  2. 自分の性格にマッチしやすい併用転職エージェントを選択(2~4社程度)
  3. キャリアアドバイザーとの相性や紹介求人が自分の希望に合うか検証、選別
    (希望しない求人を出す場合根拠のある説明があるかなどを確認)

複数の転職エージェントを利用する

効果的に転職エージェントを利用するためには複数の転職エージェントを利用し選別することが重要です。
効果的に転職エージェントを選ぶ一般的な流れは図の通りです。

この複数利用のメリットとして、”自分に合ったキャリアアドバイザーを選べる”、”合わないキャリアアドバイザーが担当になったときの保険”、”複数利用することで紹介求人の数を確保できる”、”1つの転職エージェントで独占紹介している求人も得られる”など様々なものがあります。

つまり、転職エージェントを複数利用することでワークポートのデメリットである”求人質”と”キャリアアドバイザーの対応”という2つのデメリットを同時に解決し、同時に自分にとって一番良い転職エージェント選びも行うことが出来るのです。

実際に転職サイトリクナビNEXTによる調査結果によると、転職者の転職エージェント利用社数は転職決定者が平均4.2社、全体平均で2.1社となっています。

ほとんどの転職者は2つ以上の転職エージェントを同時に利用していることになります。

よって、転職活動を始める際まずは自分の性格に合った転職エージェントを2~4社程度利用しキャリアアドバイザーとの相性によって1~2社に選別するのが良いでしょう。

ワークポートと併用すべき転職エージェント

代表的な転職エージェントの特徴と会社方針(社風)をもとに利用者の性格別にマッチしやすい転職エージェントをまとめたものが以下になります。

性格 年齢 転職エージェント 特徴
行動派 全年齢 公式サイト 保有求人数業界No.1
無駄を省きやるべきことを効率よくどんどん実行していく人が多い、合理主義者気質な社風。
【関連記事】リクルートエージェントの評判・口コミ徹底分析
公式サイト 保有求人数約10万件 業界No.2
同業種・同業界での即戦力採用に特に実績あり
必要なことを効果的にこなしながらもこちらの話に耳を傾けてくれる人気の先生気質の社風
【関連記事】dodaの評判・口コミ徹底分析
公式サイト 保有求人数約1万5千件
IT業界一筋で10年以上運営の特化型エージェント
量をこなせば結果はついてくる!ガンガン進んで早く転職を進める熱血体育会気質な社風
【関連記事】ワークポートの評判・口コミから分かった真実
思考派 全年齢 公式サイト 保有求人数約4万件
30、40代未経験OK求人や女性向け求人に特に実績あり
謙虚で話しやすく、こちらの希望を第一に考えてくれるやさしいおばあちゃん気質な社風
【関連記事】パソナキャリアの評判・口コミ徹底分析
若者層 公式サイト 保有求人数約3万件
20代・第二新卒・35歳以下の30代求人に特に実績あり
親身で丁寧に初心者でも安心して活動できるようサポートしてくれる頼りになる先輩気質な社風
【関連記事】マイナビエージェントの評判・口コミを徹底分析
公式サイト 保有求人数約1万件(1都3県特化)
35歳以下の30代と女性向け求人に特に高い実績あり
二人三脚で寄り添ったサポートをしてくれるパワフルなお母さん気質な社風
【関連記事】type転職エージェントの評判・口コミ徹底分析
公式サイト 保有求人数約2千件
社会人未経験や第二新卒の方向け特化型エージェント
分からない人に向け、転職に必要なことを1から教えてくれる保育士さん気質な社風
【関連記事】ハタラクティブの評判・口コミから分かった真実
35歳以上
ハイキャリア
公式サイト 保有求人数約1万5千件
外資系企業・国内大手企業・海外など質の高い求人あり
密度の高い情報に裏付けされた的確かつ丁寧に未来を考えたサポートをするアナリスト気質の社風
【関連記事】JACリクルートメントの評判・口コミ徹底分析

ワークポートを選択する場合はリクルートエージェントやdodaなど行動派の方と相性が良い転職エージェントを併用することがおすすめです。

まとめ

ワークポートの2ch・口コミの悪い評判の理由をご理解いただけたでしょうか。

ワークポートの悪い評判は、求人の質とキャリアアドバイザーの対応によるものです。このようなデメリットをなくすためにも、ワークポートを単体で利用することは避け、複数の転職エージェントを利用した方が良い転職エージェントでしょう。

ワークポートのデメリットをなくす効果的な利用方法としては、自分の性格を軸に、転職者の対応についての会社方針がマッチする転職エージェントを選択することが重要になります。

ワークポートは、求人紹介に対して量、サポートに対して行動を大切にしており、内定辞退者に対して入社の可能性がないか検討してもらうため、来社して面談するような熱血漢な対応を重視するものになっています。

よって、ワークポート行動派の性格のIT・Web・ゲーム関連企業への転職希望者の若者層が利用すべき転職エージェントになります。

さらに、行動派の方は同時にリクルートエージェントdodaを併用するとより効果的に転職活動を進めることが出来ます。

最後に。仕事とは自己実現の手段です。あなたの理想の生活を実現できる環境は必ず存在します。
あなたが転職で、今よりも素敵な生活を過ごせることを信じています。

口コミ出典:https://tenshoku.wiki/workport/

【関連する記事】
【性格で選ぶ】転職エージェントおすすめランキング|評判・実績比較から分かった選び方
ワークポートの評判・口コミから分かった真実|本当にマッチする人とは!?

【公式サイト】https://www.workport.co.jp/