30代はリクルートエージェントを利用すべき?|30代の評判・口コミを徹底解説

転職エージェント

リクルートエージェントを利用を検討しているけど、本当に自分が使うべきなのか、もっと同世代の自分と似た境遇の転職者の生の声が知りたいと考えたことがないでしょうか。

転職は人生においての転機であり、転職エージェントの情報を丁寧に精査して、自分に合う転職エージェントを選ぶことはとても大きな意味があります。

そこでこの記事では、30代に限定したリクルートエージェント利用者の評判・口コミから、あなたに本当にマッチする転職エージェントか判断できるよう年代を切り口にしたリクルートエージェントの詳細な情報をお伝えします。

【この記事で分かること】
リクルートエージェントの利用をおすすめしたい30代(詳細はこちら
リクルートエージェントを利用する30代におすすめの併用エージェント(詳細はこちら
同世代の評判・口コミから分かった30代がリクルートエージェントを利用する時の注意点(詳細はこちら

30代のリクルートエージェント評判・口コミの総評

リクルートエージェントは利用者満足度96.8%、取引実績企業は13000社以上、求人件数は200,000以上、年収UP率は62.7%、これまで40万人以上の求職者サポートを実施したという実績を持つ転職エージェントになります。

このような実績を持つリクルートエージェントを実際に利用した30代の転職者の良い評判・口コミは以下のようになります。

リクルートエージェントを利用した30代の4つの良い評判・口コミ
1.紹介される求人の数が多い
2.選考対策が丁寧(落選の原因追及、改善策のフィードバック、過去の事例紹介)
3.企業交渉力が高く、年収がupした
4.情報の密度が濃い(会社の雰囲気・実際の労働時間)

また、リクルートエージェントを実際に利用した30代の転職者が感じる悪い評判・口コミは以下のようになります。

リクルートエージェントを利用した30代の3つの悪い評判・口コミ
1.キャリアアドバイザーの対応が強引・決断を急かされる
2.メールの返信が遅い
3.紹介される案件に希望が反映されない

このように、30代でリクルートエージェントを実際に利用した転職者の方は、求人の量や選考対策・企業情報の密度に好感を持つと同時に、キャリアアドバイザーの対応の強引さや希望に沿わないサポートに不満を感じている方が多いです。

このような評判・口コミが多いリクルートエージェントのどこが30代の転職者に向いているか判断するためには、30代の転職における強みやポイントを具体的にする必要があります。一般的な30代の転職の強みやポイントは以下の2つになります。

  1. 経験やスキルなど今までの実績を活かし、年収アップを狙える。
  2. 即戦力やマネジメント能力がある世代としてニーズが多い。

つまり、30代の転職に求められるサポートとは、転職者の今までの実績をベースに、本人の希望を叶える企業を提案するか、今の企業に残った方が良いか判断する客観性が重要になります。

会社の良し悪しを転職者の実績ベースに判断するには、企業が持つ強みやビジョンなどを詳細に知る専門性がキャリアアドバイザーに求められます。

そういった専門性や客観的な判断についての的確なアドバイスや保有求人数の多さを背景にした多角的な提案が出来るリクルートエージェントは、30代が転職で客観的な判断を行い自己実現のために転職を行う上で、特に力を発揮してくれる転職エージェントになります。

30代の評判・口コミから分かるリクルートエージェントを利用すべき理由とは? -メリット-

30代の転職に必要な転職エージェントのサポートとして、転職者の今までの実績をベースに、本人の希望を叶える企業の提案や現職の客観的なメリット・デメリットを判断することが求められます。

このような30代に必要な基本的なサポートやリクルートエージェントを利用した利用者の評判・口コミを踏まえたリクルートエージェントを利用すべき理由は以下の4つです。

30代の評判・口コミから分かるリクルートエージェントを利用すべき4つの理由
1.求人数が多く細かい希望に沿った求人も紹介してもらえる
2.的確な選考対策ですべての選考が糧になる
3.密度の高い情報を得ることが出来る
4.企業交渉力が高く年収アップを狙える

これらの理由について1つずつ確認していきます。

求人数が多く細かい希望に沿った求人も紹介してもらえる

リクルートエージェントは業界トップの実績と保有求人数を誇る転職エージェントです。保有求人数20万件という圧倒的な求人数を誇るリクルートエージェントは他の転職エージェントではあまり紹介されないニッチな求人も取り揃えています。

実際にリクルートエージェントを利用した30代の転職者の中には、自分が培ったより専門的な知識やスキルを活かすことが出来る会社を他の転職エージェントでは見つけられなかったという方もいます。

30代向けに出されている求人は、20代向けのものと比較して全体の母数が少なくなってしまうため、保有する求人数が多いリクルートエージェントは30代の転職者の強い味方となります。

裏付けとなる口コミ
30代男性・精密機器メーカー:年収750万円台
業界最大手ということだけあって取り扱われている案件数が非常に多かったです。自分が務めている業界は比較的ニッチで、通常の求人サイトやハローワークなどにも中々募集がかかりづらく、従来の転職活動は人づてに行うということが標準的な業界でした。ただ、私の場合は職場の人間関係の問題から転職を行いたかった為、人づての紹介を利用したくない背景がありその点でリクルートメントエージェントは案件数が非常に多く助かりました。

的確な選考対策ですべての選考が糧になる

リクルートエージェントを利用した30代の転職者からは、落選の原因追及、改善策のフィードバック、過去の事例紹介など選考に関する的確なサポートがとても助かったという評判・口コミが多く見られました。

30代の転職では自分の今までの経験・実績と企業が求める人物像が如何に合致しているかを面接で伝えることが成功のカギになり、1つ1つの選考の重みは20代の転職者と比べ物になりません。

そんな中、行動に対するフィードバックを忘れずに実施してくれ、次に生かせるものを得られるように効果的にサポートしてくれるリクルートエージェントの対応は、30代の転職者の行動をすべて転職の成功に必要な経験にまで昇華してくれる心強いものになります。

裏付けとなる口コミ
30代女性・金融:年収700万円台
書類審査や面接に落ちたら次の案件に応募して!ということはなく、なんで落ちたのかを徹底的に分析してくれました。フィードバックが非常に役立ち、結果的に希望する会社に内定を頂くことができました!ここまでやってくれるのはリクルートエージェントの方だけでしたので、業界最大手は違うなーという印象を受けました。

密度の高い情報を得ることが出来る

リクルートエージェントを利用して、転職活動を行う大きなメリットがWeb上や求人票だけではわからない企業の社風などの細かい情報を得ることが出来るという点です。

リクルートエージェントが密度の高い情報を転職者に提供できる理由として、業界専門のキャリアアドバイザーがいることや長年人材業界で培った企業との信頼関係があります。

業界専門のキャリアアドバイザーは、リクルートエージェントに入る前に担当の業界で働いていた人も多く所属しています。

そうした、業界人だからこと分かる細かい知識が分かるキャリアアドバイザーの力やリクルートグループが蓄積している企業情報をフルに利用できるからこそ、選考に活かすことのできる情報を手に入れやすいのです。

裏付けとなる口コミ
32歳 男性・人事:年収500万円台
一通り、前職での経験を積めたので、次の会社にステップアップしようと思い、転職を始めました。いくつか転職エージェントを登録している中で、リクルートエージェントが一番質が良く、70件以上の求人を提示してくれました。
また、担当のキャリアアドバイザーさんが専門的な知識をしっかり持っていて、検索しても出てこないような裏情報まで教えてもらうことができました。
結果的に年収も50万ほど上がり、人事としてのステップアップもできたので満足です。

企業交渉力が高く年収アップを狙える

リクルートエージェントを利用する30代の評判・口コミの中で多く見られる評判・口コミで、20代にあまり見られなかったものが”リクルートエージェントの企業交渉によって年収がアップした”というものでした。

リクルートエージェントなどの転職エージェントは、転職者が企業へ入社して初めて利益が発生するため、面接後企業へのフォローや年収や待遇面など直接行いにくい交渉を率先して代行してくれます。

もし、あなたの市場価値が高く、年収を上げる余地があるとリクルートエージェントが判断した場合、業界No.1の実績を出しているトップセールスマンが上手く企業との交渉をこなし、提示された年収よりも多くの給料をもらえる可能性があるのです。

年収が上がるような可能性は、企業と密に情報交換ができる転職エージェントを利用すればこそ可能性が出てくるものなので、担当のキャリアアドバイザーに希望をしっかり伝え動いてもらうようにすると良いでしょう。

裏付けとなる口コミ
30代男性・外資:年収800万円台
前職から年収が下がってしまうのを懸念していましたが、内定獲得後に担当者の方が労働条件や年収を人事と交渉してくれて、更に面接では伝えきれなかった自分の長所を伝えてくれました。結果的に年収は初年度で前職よりも90万円ほど上がり、自分の活躍できるポジションで働けています。リクルートエージェントの私を担当してくれた男性のアドバイザーの方には感謝しています。

30代の評判・口コミから分かるリクルートエージェントを利用しない方が良い人とは? -デメリット-

リクルートエージェントを利用する30代の評判・口コミで多く見られた不満は、キャリアアドバイザーの対応が強引・希望に沿うようなサポートをしてくれないというものでした。

これらの悪い評判・口コミを加味し、リクルートエージェントを利用しない方が良い30代の方は以下のような人になります。

30代の悪い評判・口コミから分かるリクルートエージェントを利用しない方が良い人
1.強引な対応に柔軟に対処することが苦手な30代の方
2.自分のキャリアの客観視・具体化が出来ていない30代の方

その理由について詳しく説明していきます。

強引な対応に柔軟に対処することが苦手な30代の方

リクルートエージェントを利用する30代の転職者の評判・口コミで最も多い不満が、キャリアアドバイザーに強引な対応されたというものでした。

転職者に積極的に関わり、どんどん必要な情報や的確なサポートを提供してくれるリクルートエージェントのキャリアアドバイザーには、業界トップの実績を担保し続けるために厳しいノルマが課せられています。

そのため、企業として収益を上げるためにどうしても内定後のクロージングや転職者が受かりやすい企業への誘導が強くなってしまうことがあります。

このような強引な対応を受ける可能性が大きいということを念頭におき、覚悟してリクルートエージェントを利用しないと不快な気分になり、効果的にリクルートエージェントを利用できなくなってしまいます。

押しの強い対応に対処するのが苦手な方や余計なことをあまり言われずに転職活動を進めたい方はリクルートエージェントでなく、親身で丁寧な対応に定評のあるパソナキャリアなどを利用したほうが良いでしょう。

裏付けとなる口コミ
30代女性・事務職:年収300万円台
一番驚いたのが、内定した後のクロージングの激しさです。
おそらく初めての転職で私も慎重になりすぎていたのかもしれませんが、少し細かい部分を質問すると『さっき伝えましたよね?』『入社すればすぐわかりますよ』『迷っていたらチャンスは逃げますよ』といった感じで強引に決めさせてきました。
業務内容や、待遇、給与面では申し分なかったので結局そこに決めましたが、あの態度はいかがなものかと思います。

自分のキャリアの客観視・具体化が出来ていない30代の方

リクルートエージェントを利用する場合、自身のキャリアを客観的な視点で整理し、これからのキャリアのビジョンと転職先の企業でどのように活かしていけるかを具体的に示すことが最も大切です。

もちろん、これまでの経歴の整理はリクルートエージェントのキャリアアドバイザーに相談するればプロの目線で丁寧に紐解いてくれます。

しかし、リクルートエージェントを利用する初回面談の前までに、自分である程度転職のビジョンをはっきりさせておかないと損をしてしまします。

これは、リクルートエージェントの求人紹介方針が登録した初回面談時にその時の最も新しくマッチする求人を選び、紹介して選んでもらうという方針を取っているからです。つまり、初回面談で正確に希望を精度よく伝えられるほど希望の求人が紹介されやすいのです。

この事実を知らずに、登録時や初回面談時に自分の転職の軸をしっかりと伝えられないと希望の求人を取りこぼしてしまうことがあります。

リクルートエージェントの利用は積極的な行動と主体的な判断が他の転職エージェントよりも求められるためしっかりと準備をしてから利用するようにしてください。

裏付けとなる口コミ
33歳 男性・営業:年収600万円台
営業職とは別の職種にトライしてみたかったのですが、前職が営業だったのと、案件的に営業が多いからか、営業の案件を勧められることが多かったです。
営業にするか、その他の職種にするか明確に決めていた訳ではなかったので、自分も曖昧だったという落ち度がありますが、営業職をゴリ押しされたのは不快でした。

【関連する記事】
リクルートエージェントの評判は悪い!?|2ch・口コミの悪い評判の理由を徹底解説!

リクルートエージェントの利用をおすすめしたい30代とは?

リクルートエージェントに関する30代の評判・口コミから、リクルートエージェントは強引な対応にも柔軟に対処でき、自分の転職の条件が明確な30代の方に大きなメリットがある転職エージェントになります。

そんな30代の転職者の中でも、特にリクルートエージェントをおすすめできる方は以下のような方です。

リクルートエージェントをおすすめしたい30代とは?
・的確で効率的なサポートのもと、自分の軸が明確でどんどん進める行動派の30代の方
・ニッチな業種や地方の求人など母数が少ない求人を求める30代の方
・転職エージェントに高い企業交渉力のあるサポートを望む30代の方

リクルートエージェントは、上記のように自分の軸を持ち、効率的で行動の伴うサポートを求める30代の方におすすめの転職エージェントになります。

リクルートエージェントを利用する30代におすすめの併用エージェント

リクルートエージェントはレベルの高いサポートと豊富な求人が人気の転職エージェントですが、利用してみて担当するキャリアアドバイザーとの相性が悪い、求めている求人がリクルートエージェントにはないという事態が発生するリスクがある程度存在します。

リクルートエージェントの利用時に生じるリスクを最小限にする方法が、複数の転職エージェントの併用になります。実際にリクナビNEXTの調査によると転職成功者のほとんどが2~4社程度の転職エージェントを利用しているというデータがあるほどです。

しかし、やみくもに転職エージェントを複数利用するとスケジュール管理や行うべきタスクが増えてしまい逆に効率が悪くなることがあります。

そのような事態を避け、バランスよく自分に必要な転職エージェントを選ぶ基準になるのが自分の性格と各転職エージェントの対応方針がマッチするかというものになります。

そこで、各転職エージェントについて利用者の年齢と性格からマッチしやすい転職エージェントを分析した結果が以下の通りです。

性格については分析心理学の創始者であるユングの”ユングの理論”における人の内面的特性である「外向」、「内向」の特徴を参考に大きく2つに分類し以下のように定義しました。

  • 行動派
    転職の基準がある程度はっきりしており、どんどん進みたい
    どのように進めればいいか、動きながら考えられる
  • 思考派
    専門家の意見を好きなだけ聞き、じっくり考えて進みたい

    思考が整理されなるまで大きな行動を起こしたくない



よって、リクルートエージェントを利用する方は併用する転職エージェントの候補として、同じ行動派の人と相性が良い対応を会社方針として実施しているdodaの利用が特におすすめです。

また、リクルートエージェントはサバサバとした効率的な対応でどんどん転職活動を進めていくサポート方針で、各キャリアアドバイザーの裁量権が大きいため、キャリアアドバイザーとの相性の当たりはずれが生じやすい転職エージェントになります。

そのため、キャリアアドバイザーとの相性の保険として、丁寧なアドバイスを得られる相手を確保するために、親身なサポートに定評のあるJACリクルートメントやパソナキャリアも併用エージェントの候補としても良いでしょう。それぞれの転職エージェントの特徴については後述します。

doda


dodaは利用者満足度90%、全国に拠点を持ち、求人件数は120,000以上、年間18,000人の転職者のサポートを行っているという実績を持つ業界No.2のパーソルホールディングスが運営する転職エージェントです。

dodaの対応方針としては個人の「成長」を支援し、組織の「成長」に貢献することがもっとも大切だと定義し、転職者や企業の成長を数字という具体的な指針を持って達成する成果主義の方針を取っています。

このように成果重視で、サバサバした対応をしてくるような印象のdodaは、リクルートエージェントを利用する方と相性が良いため併用エージェントとしておすすめします。

【公式サイト】https://doda.jp/
【関連する記事】

dodaの評判・口コミ徹底分析|検証から分かったマッチする人

JACリクルートメント


JACリクルートメントは利用者満足度92.9%、取引実績企業は25,000社以上、求人件数は15,000以上、年間67,000人以上の求職者サポートを実施し、業界No.3の売上実績を持つ転職エージェントです。

JACリクルートメントは、外資系、国際化、グローバル人材をキーワードとして、ミドルからハイキャリア向けの求人紹介をさらに大きく伸ばしていくことが最も重要であると認識し事業を展開をしています。

社内は外資系の発想が強く、会社方針として論理を重視しデータをもとにしっかり説明・交渉していくことで成果を出すことを求めてる対応方針を取っています。

このように、JACリクルートメントは論理を重視した求人紹介とミドル・ハイキャリア向けの求人紹介を中心に培ったノウハウを有しているため、30代の中でも後半の方には特におすすめな併用エージェントになります。

【公式サイト】http://www.jac-recruitment.jp/
【関連する記事】
JACリクルートメントの評判・口コミ徹底分析|マッチする人とは!?

パソナキャリア


パソナキャリアは利用者満足度96.8%、取扱求人件数52,000件以上、年収up率67.1%という実績を持ち、これまで35万人以上の求職者の転職をサポートしてきた実績ある転職エージェントになります。

また、パソナキャリアは数字への強い執着がなく、顧客主義と成果主義のバランスが良く、働く人も謙虚て社会貢献意識の高いポジティブな人が集まる社風もつ会社です。

このような対応方針で親身で時間をかけたサポートをしてくれるパソナキャリアは、リクルートエージェントをメインで効率的に転職活動を進めながら、建設的なプロの意見を聞きたいと感じたときに利用出来る併用エージェントとしておすすめです。

【公式サイト】https://www.pasonacareer.jp/
【関連する記事】
パソナキャリアの評判・口コミ徹底分析|マッチする人とは!?

30代の評判・口コミ一覧

リクルートエージェントに関する30代の評判・口コミをまとめたものが以下のようになります。

30代の評判口コミから、利用者はリクルートエージェントに対し、紹介求人の量や選考対策・企業交渉力に関する良い評判・口コミが目立つ中、キャリアアドバイザーの強引な対応に対する悪い評判・口コミも見られました。

30代の良い評判・口コミ
30代男性・営業:年収450万円台
最終面接で落ちたときはこの先内定を取れるか本当に不安で不安でどうしようもなく、家族の生活もあるし借金もあるしで絶望状態でした。そんな時、リクルートエージェントの私の担当の方はなぜ落ちたのかの分析をしてくれただけでなく、「これで終わりじゃないですし、これからですよ!最後まで一緒に頑張っていきましょう!」と励ましてくれました。心のサポートをしてくれたことは大きな転機となる転職では本当にありがたいことでした。

30代男性・経営コンサル:年収900万円台
2回目の転職に利用しました。1回目の転職のとき、内定をもらった会社に入ったものの、雰囲気や社風が自分に合わず、2年で辞めてしまった経験があります。そのため、今回の転職では、受ける会社が自分の雰囲気に合いそうか非常に心配でした。リクルートエージェントさんは業界最大手だからなのかもしれませんが、紹介してくれる会社の事業内容だけでなく、どのような雰囲気か詳しく教えてくれました。更に、年収や労働時間など、ききにくいことも代わりに教えてくれたので安心して自分に合う企業を受けることができました。

30代男性・建設:年収500万円台
アプリやサービスの質はかなり優秀。 アプリで紹介される求人の量も目移りするレベルで数がある。企業情報ページもみればだいたいわかる感じでしっかりと情報の記載がある。

30代の悪い評判・口コミ
30代男性・流通:年収450万円台
CMや広告でもよく見かけるので、期待してましたがレスポンス面でかなり不安要素がありました。
・こちらからの催促がないとメールの返信すら3日4日ないのはあたりまえ。
・最初のヒアリングでは丁寧に細かなところまで聞いてもらったが、実際送られてくる紹介案件には、ほとんど希望が反映されていない。

30代男性・営業:年収900万円台
望んでもいないのにリクルートへの入社をごり押しされました。転職者から自社の採用をしようとするがめつさを感じました。

30代女性・事務職:年収350万円台
使ってみた感想としては、しっかりすべきところはもちろんしっかりしてくれてはいるが、やはりあちらもこれがビジネスということで、自分が紹介した案件を必死に決めさせようという感じが多く見受けられました。
もちろん、契約(転職)があることでなにかしらの恩恵を得られるからとは思いますが、もう少し時間をかけて悩みたい部分でも、担当から決断を急かされて無理やり承諾してしまった部分もなかにはありました。
内定から、入社までの間に関しても、こちらとしてはかなり大事な最終決断ではあるのですが、担当からすると早く決めてください!といったオーラがすごくて、もう少しこちらの気持ちを考えてくれてもいいのではないかという印象を受けました。

30代がリクルートエージェントを利用する上での注意点

30代の転職者がリクルートエージェントを利用する上での注意点は以下の2つです。

  1. 業界トップの実績をもつため利用者が最も多く、リクルートエージェント内である程度の競争がある。
  2. 30代は20代と違いポテンシャルで見られる余地は少なく、今までの経歴と実績を基準に判断される。

これらの注意点の理由や対策について詳しく後述します。

リクルートエージェントもビジネスなので優先順位をつける

リクルートエージェントもビジネスで転職エージェントという事業を行っているため、収益を出すことを目的に動きます。

そのため、同時期にリクルートエージェントを利用する転職者がいた場合、企業が採用しやすい経歴・実績を持つ人を優先して対応する方針を取ります。

同時期の利用者のキャリアの違いは正直言って運ですが、自分にとって利益のある転職活動を進めるためにやる気や転職への本気度などの気持ちの面はしっかり伝えられるよう準備をして利用すると良いでしょう。

自分の経歴の具体化を忘れずに!

リクルートエージェントなどの転職エージェントを利用する場合、転職エージェントの利用者の中である程度企業の希望に合致する人は誰かという天秤にかけられてから求人が紹介されることは事実です。

そんな中、30代の方が自分の希望の転職を進めるためには必要な実績・経験を転職エージェントに具体的に伝えることが不可欠になります。

特に、30代は即戦力としての専門性やリーダーシップなどチームをまとめて業務を進めていくスキルを求める企業が多いため、自分の経歴を整理する際にマネジメントスキルが具体的に分かるエピソードは具体的に説明できるようにしておくと、不利益を被らずに転職活動を進めることが出来ます。

紹介されない・少ない、担当が合わない場合はこだわらず別のエージェントへ!

リクルートエージェントは、キャリアアドバイザーの当たりはずれが大きく、自分自身と合わないキャリアアドバイザーにあたり上手く転職活動が進まない事態もあり得ます。世の中には様々な性格の人がいるので人の相性の問題は仕方がないのです。

合わない人が担当になったときは、自分とは合わない人だとあきらめ、別のキャリアアドバイザーに変更をお願いするかメインで利用する転職エージェントをリクルートエージェント以外で相性の良い会社に変更するようにすると良いでしょう。転職エージェントの上手な選び方は以下の通りです。

転職活動で大切なのは、あなたの転職活動が成功することです。その成果を得られる可能性が少しでも高い方法をしっかりと自分で見極める必要があることを肝に銘じてください。

まとめ

リクルートエージェントの20代に限定した評判・口コミの内容についてご理解いただけたでしょうか。

リクルートエージェントは、自分で軸を持ち、効率的で行動の伴うサポートを求める30代の方におすすめの転職エージェントになります。

ご自身の状況や転職エージェントに求めるサポートなどから自分にマッチした転職エージェントを選択し、より効率的な転職活動を進めるようにしてください。

最後に
苦なくでき、成果があがる仕事が見つかれば、努力が報われ、仕事に対してより一層充実感を得られるようになります。
あなたが転職で、今よりも素敵な生活を過ごせることを信じています。

口コミ出典:https://tenshoku.wiki/recruit-agent-2ch-reptation/

【公式サイト】https://www.r-agent.com/

【この記事と合わせて読みたい記事】
リクルートエージェントの評判・口コミ徹底分析|マッチする人とは!?
【性格で選ぶ】転職エージェントおすすめランキング|評判・実績比較から分かった選び方