パソナキャリアの評判は悪い!?|2ch・口コミの悪い評判の理由を徹底解説!

転職エージェント

パソナキャリアを使ってみたいけど、ネットの評判を見てみると悪い評判も書かれていて使うべきか分からないと迷ってしまうのではないでしょうか。

そんな状態の中、勢いで転職エージェントを選択してしまうと、転職エージェントのサポートのやり方が自分自身の肌に合わず、転職活動の効率、満足度は大きく下がってしまうことがあります。

転職の失敗の原因の7割は転職エージェントとのミスマッチによるものと言われるほど転職エージェントの選択は重要な意味を持ちます。

”火のない所に煙は立たぬ”というように悪い評判にはそれなりの理由があります。

その理由をしっかりと理解し、自分で利用すべきか判断出来るようこの記事ではパソナキャリアに関する2ch・口コミでの悪い評判とその理由、パソナキャリアを利用すべきかの判断のポイントをご紹介します。

【この記事でわかること】
パソナキャリアの良い評判と悪い評判の詳細(結論のみ知りたい方はこちら
パソナキャリアの悪い評判の理由(結論のみ知りたい方はこちら
パソナキャリアを利用すべきか判断のポイント(結論のみ知りたい方はこちら
効果的な転職エージェントの利用方法(結論のみ知りたい方はこちら

【公式サイト】https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリアの2ch・口コミ評判まとめ

パソナキャリアについての2ch(5ch)やネット上の口コミを確認すると以下のようなコメントが多く見られました。


2ch(5ch)や口コミの内容を分析すると、利用者がパソナキャリアに抱く不満の根本的な原因は以下の2点に集約されます。

  1. 転職者が希望している求人がない、紹介されない
  2. キャリアアドバイザーの対応が悪い
    (連絡が遅い、電話での連絡が多い)

パソナキャリアの転職者が希望している求人がない、紹介されないという評判は会社の求人紹介の方針と利用者の多さから、キャリアアドバイザーの対応については転職者と担当のキャリアアドバイザーの人としての相性やサポート方法に対する希望をしっかり伝えられていないことから生じています。

このような問題があることを何も知らずに転職エージェントを利用してしまうと、時間を無駄にし、不快な思いをわざわざ被ってしまう可能性が出てきてしまいます。

しかし、あらかじめ起こりうる問題とその原因が分かっていれば行動を自由に選択できる転職者は圧倒的に有利に転職活動を進めることが出来るのです。

あなたが自身の転職をより効率的で有意義なものにするためにも、これらの問題が起こってしまっている原因について後述していきます。

2ch(5ch)評判抜粋
doda、リクルートキャリアは求人の総合デパートみたいなもの、多くの人が利用出来る
パソナは高級店みたいなものと自認してるんじゃない?
利用者は限られますって。俺も断られたw
出典:https://tamae.5ch.net/test/read.cgi/job/1458001657/97

転職4回したけどパソナからは紹介できる案件無いってソッコーで言われたな
現在外資系企業勤務、年収800万弱のエンジニア
英語可、複数技術資格持ち、でも瞬殺で案件無し
出典:https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/job/1519008953/495

パソナ系登録して紹介案件が微妙だな~と感じつつも
まだ紹介された分、俺はマシだったのか。
けど微妙な場所しか紹介されないのは悲しいよな。
お前の市場価値はこの程度と突きつけられるレベル。
出典:https://tamae.5ch.net/test/read.cgi/job/1458001657/683

パソナはリクエーと被ってる案件も含まれていて求人数はそれほど多くない
最初に何件か紹介されて、以後はそう多くは紹介されなかったりするので覚悟が必要かも
出典:https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/job/1509441501/876

リクエーの担当は偉そうなBBA。職務経歴書への指摘が的外れでイラつくので本当は切りたいが紹介件数は多い。
パソナキャリアは丁寧なお姉さん。行きたい企業があればこの人に相談している。dodaよりも数は少ないが質は高い。
出典:http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/job/1493054167/924

自分の場合はパソナキャリアが遅い。どれも2週間以上かかってる。
一月中に働ける方募集のものが、2月半ばに他の方で採用になったと連絡がきた時だ。
出典:https://tamae.5ch.net/test/read.cgi/job/1452483728/526

評判・口コミ抜粋
30代女性・オペレーター:年収400万円台
紹介数が多くない代わりにひとりひとりに時間を割いての親身なサポートを売りにはしているみたいですが、確かに担当の方は優しく他の2社と違ってガツガツ押される感じがないのはいいポイントなのかも知れませんが、時には背中を押してくれるのも必要なのかなと感じます。

30代男性:コンサル
なんでマイぺージ上でできることをわざわざ電話で伝えてくるんだろうという感じです。サービス自体は不満点はないのですが、日中に選考の日程調整のためだけに電話してきたのはどうかなぁと思ってしまいました。

30代男性・食品:年収700万円台
電話を切るとすぐ、私の希望条件に当てはまった求人を数件、メールにて紹介して頂きました。その速さに驚きました。 面談当日にも、最初に頂いた求人とは別のものを紹介してくださったりと、とにかく対応が早いと感じました。

20代女性・専門商社:年収300万円台
パソナキャリアは評判に聞いてた通り、年度も面接の練習に付き合ってくれたりとサポートの質の高さは本当でした。
無事に内定が決まった後は年収交渉までしてくれ、希望より80万円も高い年収で入社できることになりました。

パソナキャリアの悪い評判の理由

パソナキャリアの2ch(5ch)や口コミで見られる悪い評判は以下の通りです。

  • 登録を拒否された・求人紹介を断られた
  • 紹介求人数がすくない
  • 紹介求人の質が低い
  • キャリアアドバイザーの対応が遅い・後回しにされる
  • キャリアアドバイザーによって対応に大きな差がある

このような評判が立つ理由を解説していきます。

悪い評判1 登録を拒否された・求人紹介を断られた

パソナキャリアの悪い評判・口コミには”転職4回したけどパソナからは紹介できる案件無いってソッコーで言われた”、”利用者は限られますって。俺も断られたw”など求人を紹介してもらえないという内容が見られました

悪い評判にあるような登録を拒否・求人紹介をパソナキャリアが断る理由を理解するためには転職エージェントの収益構造を理解する必要があります。

転職エージェントは求人を出している企業にマッチする人材を紹介し、入社が決定した時点で採用者の年収の数十%を契約料としてもらうことで利益を得ています。

企業は転職サイトより会社の希望に合致するよう厳選された人材を紹介してもらえるため、費用が高くても転職エージェントに求人を出します。

このようなビジネスの収益構造の中、パソナキャリアは親身な対応を重視し、転職者1人1人に20時間のサポート時間を確保するようにしています。

よって、パソナキャリアは1人の転職者に対し20時間以上サポート時間を確保し丁寧な対応を行う方針を実行していくという会社方針を実現するために一部の人に対し、”登録の拒否や求人紹介を断る”とい決断をしています。

このような会社方針に沿った対応の結果、サービスを利用できないことに不満を感じる人も出てきているため”登録の拒否や求人紹介を断る”という悪い評判や口コミが多くなっているのです。

悪い評判2 紹介求人数がすくない

パソナキャリアの悪い評判・口コミの中には”パソナはリクエーと被ってる案件も含まれていて求人数はそれほど多くない”など紹介求人数が少ないという内容が見られました。

悪い評判にあるような紹介求人数が少ない理由は大きくわけて以下の2つです。

  1. パソナキャリアとして保有している求人の絶対量が少ない
  2. パソナキャリアは希望に合致した厳選求人を紹介する方針を取っている

パソナキャリアは業界第3位の保有求人数を誇っていますが、リクルートエージェントやdodaなどの業界トップ企業と比較するとどうしても保有求人の量が少なくなってしまします。

このような保有求人数の差を活かし、リクルートエージェントやdodaは少しでも転職者の希望に合うものはどんどん紹介していく方針を取っています。

そのため、リクルートエージェントやdodaを利用する転職者は受け取った紹介求人を再度自分の軸で選別・厳選する必要があります。

一方パソナキャリアは、保有求人数が少ない分紹介する求人は転職者の希望に出来る限り合致するような求人を紹介できるようにキャリアアドバイザーによって厳選する方針を取っています。

これらの会社状況と求人紹介の方針の違いからパソナキャリアの紹介求人は他社と比較して少なくなります。結果として、パソナキャリアの紹介求人は少ないという悪い評判が出てしまうのです。

悪い評判3 紹介求人の質が低い

転職者の希望に合致する求人を紹介する方針を取っているパソナキャリアですが、悪い評判・口コミの中には”パソナ系登録して紹介案件が微妙だな~と感じつつもまだ紹介された分、俺はマシだったのか。”というような求人の質に関する疑問も見られます。

パソナキャリアは厳選された質の高い求人紹介が売りの転職エージェントです。もし、悪い評判にあるような紹介求人の質が低い理由は大きくわけて以下の2つになります。

  1. 保有している求人に希望に合致するものがない
  2. 自分の希望を伝えられていない

まず、パソナキャリア内に希望を満たす求人がない場合は仕方ありません。保有している求人が多いリクルートエージェントやdoda、もしくは自分の希望業種に特化して言う転職エージェントを利用するよう切り替えてください。

次に、パソナキャリアの利用者が求人の質について疑問に感じる原因として最も多いのが”自分の希望をしっかりと伝えられていないこと”です。

パソナキャリアに登録するとまずキャリアアドバイザーとカウンセリングを行い、自分が大切にしたい転職の軸を伝えるのですが、年収や勤務先などの一般的な条件の希望だけでは転職者が本当に求める条件とは分かりにくいものです。

よって、紹介してもらえる求人が自分の希望に沿ったものになるように具体的に厳選の際に考慮してほしい条件などを言葉+文章で常に伝え、キャリアアドバイザーが紹介する求人の基準を自分の希望に沿うものになるようアップデートするよう対応するとこのミスマッチが解消されます。

それでも良くならない場合はキャリアアドバイザーの変更を希望する、もしくは別の転職者エージェントを利用するようにしましょう。

悪い評判4 キャリアアドバイザーからの連絡が遅い、放置される

パソナキャリアの悪い評判の中には”自分の場合はパソナキャリアが遅い。どれも2週間以上かかってる。”など対応の遅さに対する不満が見られました。

キャリアアドバイザーの対応が遅い・後回しにされる対応の背景には、キャリアアドバイザーがサポートする転職者の人数の多さがあります。

パソナキャリアのキャリアアドバイザーは転職者1人1人に時間をかけた丁寧なサポートを行っており、日々20人前後のアクティブユーザーの対応に追われています。

また、転職者の企業への入社が決定しなければ転職エージェントの利益にならないため、どうしても入社が決定しそうな人を優先して対応せざる負えず、キャリアアドバイザーが担当する転職者の中で相対的に企業が欲しがるキャリアを持つ人を重点的に対応せざる負えなくなります。

このように、連絡が遅い・後回しにされているように感じるという評価は転職エージェントの収益構造とキャリアアドバイザーがサポートする転職者の人数の多さから対応の優先順位がつけられることから起きています。

もし、キャリアアドバイザーの対応に不満がある場合に担当のキャリアアドバイザーの交代を申し出てみると、状況が好転する可能性があります。

悪い評判5 担当のキャリアアドバイザーの能力にばらつきがある

サポートを担当するキャリアアドバイザーも人間なので個人個人での対応も違い、性格や業務の方針によって合う合わないが存在します。この感覚の違いは”何を重視するか”という価値観・性格の違いによって生まれてきます。

例えば、パソナキャリアの悪い評判の中にもあった”頻繁に電話をしてくる”という行動に対しても、どんどん求人紹介を行い尻を叩いて欲しいと考える転職者はキャリアアドバイザーを高く評価し、自分で考え意思決定し、自分のペースで進めていきたい転職者はキャリアアドバイザーを煩わしく感じることでしょう。

このような感覚の違いは転職者とキャリアアドバイザーの性格によるものが大きいため、自分がどのようなサポートが欲しいか具体的なイメージを持っておくことが大切です。

求人の希望と同時にキャリアアドバイザーに転職活動のサポートをどのように行って欲しいかの希望も伝え、対応してもらうようにするとトラブルの回避につながります。

何度か希望や改善を申し出ても良くならない場合は、自分の性格には合わなかった人とあきらめ、キャリアアドバイザーの変更を申し出るようにしましょう。

パソナキャリアは利用すべき? -評判の悪い理由から分かった真実-

パソナキャリアの悪い評判が求人数・質とキャリアアドバイザーの対応によるものであることから、パソナキャリアを単体で利用することは避け、複数の転職エージェントを利用した方が良いでしょう。

パソナキャリアを利用する戦略として、次の2つの指針を持つことがおすすめです。

  1. 求人数・質に関しては複数の転職エージェントを利用することによってカバー
  2. キャリアアドバイザーの対応の問題に関しては完璧なコントロールは難しいので、自分の性格を軸にして利用するキャリアアドバイザーを絞り込む。

また、悪い評判でよく見られるキャリアアドバイザーの対応の悪さは基本的に会社方針(社風)×個人の性格によって決まります。

キャリアアドバイザー個人の性格は直接かかわらないとわからないので、自分にあった対応をするよう会社として方針づけている転職エージェントを利用すると効果的です。

パソナキャリアは数字への強い執着がなく、顧客主義と成果主義のバランスが良く、働く人も謙虚て社会貢献意識の高いポジティブな人が集まる社風もつ会社です。

また、「かかわるすべての人が幸せになる会社を創る」という創始者の意識が社内に浸透しており、パソナキャリアの事業の原動力になっています。

業務についても「かかわるすべての人が幸せになる会社を創る」という方針を徹底しており、対応方針として転職者の利益の最大化させる親身・丁寧な対応を重視しています。

このようなパソナキャリアの対応方針と同様に、各転職エージェントの会社方針と転職者の年齢・性格を使用し、どんな転職者と各転職エージェントがマッチするか分析しました。結果が以下の通りです。

性格については分析心理学の創始者であるユングの”ユングの理論”における人の内面的特性である「外向」、「内向」の特徴を参考に大きく2つに分類し以下のように定義しました。

  • 行動派
    転職の基準がある程度はっきりしており、どんどん進みたい

    どのように進めればいいか、動きながら考えられる
  • 思考派
    専門家の意見を好きなだけ聞き、じっくり考えて進みたい

    思考が整理されなるまで大きな行動を起こしたくない


パソナキャリアはしっかりと話を聞いてもらい、納得して転職を進めたい思考派の性格の全年齢層が利用すべき転職エージェントになります。

パソナキャリアを利用する人は上記の表を参考に、自分に合った対応を推奨する転職エージェントを複数利用し、担当のキャリアアドバイザーとの相性でメインとして利用する転職エージェントを絞ることをおすすめします。

【公式サイト】https://www.pasonacareer.jp/

【関連する記事】
パソナキャリアの評判・口コミ徹底分析|マッチする人とは!?

パソナキャリアのデメリットをなくす効果的な利用方法

パソナキャリアの悪い評判が求人数・質とキャリアアドバイザーの対応によるものであることから、複数の転職エージェントを利用することでデメリットをなくし効果的にパソナキャリアを利用することが出来ます。

パソナキャリアのデメリットをなくすための効果的な利用方法を3ステップにまとめましたので是非参考にしてみてください。

  1. 自分の転職の軸を明確化(給与、勤務地、職種、経験、福利厚生、働きやすさなど)
  2. 自分にマッチしやすい複数の転職エージェントを選択(2~4社程度)
  3. キャリアアドバイザーとの相性や紹介求人が自分の希望に合うか検証、選別
    (希望しない求人を出す場合根拠のある説明があるかなどを確認)

複数の転職エージェントを利用する

効果的に転職エージェントを利用するためには複数の転職エージェントを利用し選別していくことが重要です。
効果的に転職エージェントを選ぶ一般的な流れは図の通りです。

このように複数の転職エージェントを利用する具体的なメリットとしては、”自分に合ったキャリアアドバイザーを選べる”、”合わないキャリアアドバイザーが担当になったときの保険”、”複数利用することで紹介求人の数を確保できる”、”1つの転職エージェントで独占紹介している求人も得られる”など様々なものがあります。

つまり、転職エージェントを複数利用することでパソナキャリアのデメリットである”求人数・質”と”キャリアアドバイザーの対応”という2つのデメリットを解決し、同時に自分にとって一番良い転職エージェント選びも行うことが出来るのです。

実際に、転職サイトリクナビNEXTによる調査結果によると、転職者の転職エージェント利用社数は転職決定者が平均4.2社、全体平均で2.1社となっています。

ほとんどの転職者は2つ以上の転職エージェントを同時に利用していることになります。

よって、転職活動を始める際まずは自分の性格に合った転職エージェントを2~4社程度利用しキャリアアドバイザーとの相性によって1~2社に選別するのが良いでしょう。

パソナキャリアと併用すべき転職エージェント

代表的な転職エージェントの特徴と会社方針(社風)をもとに利用者の性格別にマッチしやすい転職エージェントをまとめたものが以下になります。

性格 年齢 転職エージェント 特徴
行動派 全年齢 公式サイト 保有求人数業界No.1
無駄を省きやるべきことを効率よくどんどん実行していく人が多い、合理主義者気質な社風。
【関連記事】リクルートエージェントの評判・口コミ徹底分析
公式サイト 保有求人数約10万件 業界No.2
同業種・同業界での即戦力採用に特に実績あり
必要なことを効果的にこなしながらもこちらの話に耳を傾けてくれる人気の先生気質の社風
【関連記事】dodaの評判・口コミ徹底分析
公式サイト 保有求人数約1万5千件
IT業界一筋で10年以上運営の特化型エージェント
量をこなせば結果はついてくる!ガンガン進んで早く転職を進める熱血体育会気質な社風
【関連記事】ワークポートの評判・口コミから分かった真実
思考派 全年齢 公式サイト 保有求人数約4万件
30、40代未経験OK求人や女性向け求人に特に実績あり
謙虚で話しやすく、こちらの希望を第一に考えてくれるやさしいおばあちゃん気質な社風
【関連記事】パソナキャリアの評判・口コミ徹底分析
若者層 公式サイト 保有求人数約3万件
20代・第二新卒・35歳以下の30代求人に特に実績あり
親身で丁寧に初心者でも安心して活動できるようサポートしてくれる頼りになる先輩気質な社風
【関連記事】マイナビエージェントの評判・口コミを徹底分析
公式サイト 保有求人数約1万件(1都3県特化)
35歳以下の30代と女性向け求人に特に高い実績あり
二人三脚で寄り添ったサポートをしてくれるパワフルなお母さん気質な社風
【関連記事】type転職エージェントの評判・口コミ徹底分析
公式サイト 保有求人数約2千件
社会人未経験や第二新卒の方向け特化型エージェント
分からない人に向け、転職に必要なことを1から教えてくれる保育士さん気質な社風
【関連記事】ハタラクティブの評判・口コミから分かった真実
35歳以上
ハイキャリア
公式サイト 保有求人数約1万5千件
外資系企業・国内大手企業・海外など質の高い求人あり
密度の高い情報に裏付けされた的確かつ丁寧に未来を考えたサポートをするアナリスト気質の社風
【関連記事】JACリクルートメントの評判・口コミ徹底分析

パソナキャリアは思考派の性格の方向けの転職エージェントであることから、より効果的に利用するためにマイナビエージェントやtype転職エージェントなど思考派の方と相性が良い転職エージェントを併用することがおすすめです。

まとめ

パソナキャリアの2ch・口コミの悪い評判の理由をご理解いただけたでしょうか。

パソナキャリアの悪い評判は、求人数・質とキャリアアドバイザーの対応によるものです。このようなデメリットをなくすためにも、パソナキャリアを単体で利用することは避け、複数の転職エージェントを利用した方が良い転職エージェントでしょう。

パソナキャリアのデメリットをなくす効果的な利用方法としては、自分の性格を軸に、転職者の対応についての会社方針がマッチする転職エージェントを選択することが重要になります。

パソナキャリアは「かかわるすべての人が幸せになる会社を創る」という方針を徹底しており、対応方針として転職者の利益の最大化させる親身・丁寧な対応を重視しています。

よって、専門家の意見を好きなだけ聞き、じっくり考えて進みたい、思考が整理されなるまで大きな行動を起こしたくないという”思考派の性格”の方が利用すべき転職エージェントです。

さらに、思考派の方は同時にマイナビエージェントtype転職エージェントを併用するとより効果的に転職活動を進めることが出来ます。

最後に。仕事とは自己実現の手段です。あなたの理想の生活を実現できる環境は必ず存在します。

あなたが転職で、今よりも素敵な生活を過ごせることを信じています。

口コミ出典:https://tenshoku.wiki/pasona-career/

【関連する記事】
【性格で選ぶ】転職エージェントおすすめランキング|評判・実績比較から分かった選び方
パソナキャリアの評判・口コミ徹底分析|マッチする人とは!?

【公式サイト】https://www.pasonacareer.jp/